2012年01月20日

追加

今まで扱えなかった部分の追加項目です。


骨格筋の筋原繊維には、太いフィラメントである(A)と細いフィラメントである(B)が存在し、(A)の間に(B)がすべり込むことにより、筋が収縮する。顕微鏡で見ると明るく見える部分の(C)と暗く見える部分の(D)があり、(D)はの(E)フィラメントの全長に相当する。また(D)の中央部の(E)フィラメントのみが存在する部分を(F)と言う。(F)の中央部の線を(G)と言い、(C)の中央部の線を(H)と言う。(H)から(H)の間の単位構造を(I)と言う。


(A)ミオシン(B)アクチン(C)I帯(明帯)(D)A帯(暗帯)(E)ミオシン(F)H帯(G)M線(H)Z線(I)筋節


骨格筋は刺激を受けると、(A)からカルシウムイオンが放出されることにより、筋が収縮する。(A)は筋細胞の(B)である。


(A)筋小胞体(B)滑面小胞体


心筋には隣り合う心筋細胞同士を結合する(A)という構造がある。(A)には電気的信号を伝える(B)が存在する。これにより、心筋は協調して収縮する。


(A)介在板(B)ギャップ結合 cf.ギャップ結合以外にデズモゾームによる結合も存在する。


Fallotの四徴とは(A)、(B)、(C)、(D)を特徴とする疾患で、原因は(E)の偏移から(F)が起こるとされる。


(A)肺動脈狭窄(B)心室中隔欠損(C)右心室肥大(D)大動脈騎乗(E)大動脈・肺動脈中隔(F)肺動脈狭窄


受精卵から第8週目までの期間を(A)と言い、第8週から出生までの期間を(B)と言う。


(A)胚子期(B)胎児期


心臓が発生するのは、(A)である。(A)は(B)前方にある(C)胚葉組織である。7週末に(D)閉鎖により左・右心室に分かれる。


(A)生心区(B)口咽頭膜(C)中(D)室間孔


胎児期の卵円孔は出生後の(A)に、臍動脈は(B)に、臍静脈は(C)に、静脈管は(D)に、動脈管は(E)に相当する。


(A)卵円窩(B)臍動脈索(C)肝円索(D)静脈管索(E)動脈管索
cf. 臍動脈は臍へ向かう血管


精子先体の酵素が卵子の透明帯を溶かす反応を(A)と言う。受精の後に卵子の(B)が放出され、透明体結合が変化し、他の精子の通過を防ぐ反応を(C)と言う。胚嚢が子宮の内膜内に進入し、定着することを(D)と言う。


(A)先体反応(B)皮質顆粒ライソゾーム酵素(C)透明体反応(D)着床


着床の後に子宮内膜は(A)膜となるが、(A)膜には(B),(C),(D)がある。


(A)脱落(B)基底脱落膜(C)被包脱落膜(D)壁側脱落膜

10
脊索両側の中胚葉は内側から(A)、(B)、(C)へと分化する。


(A)沿軸中胚葉(B)中間中胚葉(C)側中胚葉

11
鰓器は、6対の(A)、5対の(B)、(C)および(D)からなる。


(A)鰓弓(B)鰓溝(C)咽頭嚢(D)鰓板

12
4週に顔面の形成が行われるが、(A)と一対の(B)と一対の(C)から形成される。


(A)前頭突起(B)上顎突起(C)下顎突起

13
唇裂は(A)と同側の(B)の非癒合により発生する。


(A)上顎突起(B)内側鼻突起

14
舌は(A)と一対の(B)から発生する。


(A)中舌結節(B)側舌結節

15
腸は発生時において(A)の方向に(B)度回転する。


(A)時計と反対(B)270

16
卵黄嚢の非退化により発生するものに(A)がある。


(A)メッケル憩室

17
呼吸系は(A)から発生する。


(A)咽頭気管孔

18
(A)前方部の閉鎖不全で頭蓋骨が形成されない奇形を(B)と言い、脊椎の不完全閉鎖による奇形を(C)と言う。


(A)神経管(B)無脳症(C)脊柱裂
posted by Super Strong Histology at 22:27| 追加 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。