2011年12月20日

心血管系

1 
心血管系は(A)、(B)、(C)、(D)により構成される。
  
  
(A)心臓(B)動脈(C)静脈(D)毛細血管

2 
動脈は大きさにより(A)、(B)、(C)、(D)に分けられる。


(A)大動脈(B)中動脈(C)小動脈(D)細動脈

3 
大動脈と中動脈と小動脈は内側から(A)、(B)、(C)という三層の膜を持つ。また(A)は層により(D)、(E)、(F)に分けられる。
  
  
(A)内膜(B)中膜(C)外膜(D)内皮(E)内皮下層(F)内弾性膜


4 
中動脈の内膜の内皮の細胞には内皮突起や(A)という小窩、(B)という杆状の分泌顆粒が存在する。また内皮下層の下には、鮮明な(C)が存在する。中膜には(D)層からなる環状の(E)が存在する。また外膜には鮮明な(F)が存在する。
 
 
(A)質膜小胞(B)ワイベル・パラーデ小体(W-P小体)(C)内弾性膜(D)10-40(E)平滑筋線維(F)外弾性膜

5 
大動脈の内膜の内皮細胞には、(A)が多数存在する。内皮下層には(B)が 多層にわたり存在する。中膜は厚く(C)層の(D)からなる。また外膜の(E)は不鮮明である。


(A)W-P小体(B)内弾性膜(C)40-70(D)弾性膜(弾性板)(E)外弾性膜
cf. 弾性膜の間に平滑筋細胞が存在。

6 
小動脈は直径が(A)のものを言い、中膜の平滑筋は(B)層である。細動脈は直径が(C)であり、中膜の平滑筋は(D)層である。


(A)0.3から1mm(B)3-10(C)0.3mm以下(D)1-2

7 
大動脈は(A)、中動脈と小動脈は(B)と呼ばれる。(A)は心臓が収縮期に(C)し、心臓が弛緩期に(D)することにより、血流の(E)を保つ。(B)は局部の(F)と(G)の調節に寄与する。


(A)弾性動脈(B)筋性動脈(C)拡張(D)回復(または収縮)(E)連続性(F)血流量(G)血圧

8 
毛細血管は(A)、(B)、(C)の三種類に分類される。
  
  
(A)有窓型毛細血管(B)連続型毛細血管(C)洞様毛細血管


9 
頚動脈の分岐部にあって、血中の酸素、二酸化炭素の濃度、pHや温度の変化を検知する米粒大の化学受容器を(A)と言う。頚動脈の分岐部の(B)には圧受容体が存在する。
  
  
(A)頚動脈小体(B)頚動脈洞 
cf. 頚動脈小体はタイプTとタイプUのグロムス細胞からなる。

10
心臓の膜は内側から、(A)、(B)、(C)の三層からなり、さらに(A)は(D)、(E)からなる。
  

(A)心内膜(B)心筋膜(C)心外膜(D)内皮(E)内皮下層

11
心房筋にはホルモンを分泌する筋細胞(心房筋細胞)があり、この筋細胞内にある顆粒を(A)と言う。(A)には(B)が含まれる。(B)には(C)、(D)、(E)の作用がある。

 
(A)心房筋特殊顆粒(B)心房性ナトリウム利尿ペプチド(C)利尿(D)血管拡張(E)血圧降下

12
心臓の刺激伝達系は(A)に始まり、次に右心房の下方にある(B)へと伝わる。さらに(C)に移行して心室中隔に入る。左脚と右脚に分岐する。その後(D)へと伝わる。


(A)洞房結節(B)房室結節(C)ヒス束(房室束)(D)プルキンエ(Purkinje)線維

13
心臓の刺激伝達は(A)が興奮することにより始まる。(A)は(B)と(C)に存在する。 

  
(A)P細胞(ペースメーカー細胞)(B)洞房結節cf. 洞房結節細胞(C)房室結節

14
プルキンエ(Purkinje)線維は(A)に位置し、拍動の刺激を伝達する最終部分であり、(B)が少なく、細胞間の(C)は豊富にある。


(A)心内膜下層(B)筋原線維(C)ギャップ結合
posted by Super Strong Histology at 13:06| 心血管系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。