2011年12月23日

内分泌線

1 
内分泌線の特徴として、(A)や(B)状または(C)状の細胞配列をしていることや、(D)が豊富で、(E)が無いことがあげられる。また内分泌腺は(F)を分泌する。
 
 
(A)索(B)団(C)濾胞(D)毛細血管(E)導管(F)ホルモン

2 
内分泌腺は大きく(A)分泌細胞とステロイド分泌細胞に分けられる。(A)分泌細胞の細胞内の特徴は豊富な(B)、(C)、(D)が存在することで、ステロイド分泌細胞の特徴は豊富な(E),(F)のあるミトコンドリア、(G)が存在することである。

 
(A)窒素を含むホルモン(B)粗面小胞体(C)ゴルジ装置(D)分泌顆粒(E)滑面小胞体(F)小管状クリスタ(G)脂肪滴
cf.ミトコンドリアの内部にクリスタと言うひだ状の隆起があり、通常は板状であるがステロイドを分泌する細胞では、小管状になることが多い。

3 
甲状腺の構造は甲状腺(A)と(A)間結合組織からなる。後者には豊富な(B)が存在する。 甲状腺(A)の内部には好酸性の(C)と呼ばれるゼラチン状の物質があり、(C)の主成分は(D)である。(A)の外壁は(E)、(F)からなる。

 
(A)濾胞(B)有窓型毛細血管(C)コロイド(D)サイログロブリン(E)濾胞上皮細胞(F)濾胞傍細胞

4 
甲状腺の濾胞上皮細胞は好(A)性で(B)形をしている。(C)の合成と分泌を行う。濾胞傍細胞(parafollicular cell)は(D)の分泌を行う。(D)には(E)効果がある。

 
(A)塩基(B)単層立方(C)甲状腺ホルモン(D)カルシトニン(E)血中カルシウム濃度を下げる

5 
副腎は皮質と髄質に分けられ、皮質は外側から、(A)、(B)、(C)に分けられる。(B)が特徴的だが、(A)(B)(C)すべてにステロイドホルモン分泌細胞の微細構造を持つ。(A)から分泌されるホルモンは(D)で、(D)の成分主なものは(E)である。(B)から分泌されるホルモンは(F)で、(F)の成分の主なものは(G)である。(C)から分泌されるホルモンは(H)である。

 
(A)球状帯(B)束状帯(C)網状帯(D)鉱質コルチコイド(E)アルドステロン(F)糖質コルチコイド(G)コルチゾール(H)アンドロゲン

6 
副腎髄質細胞は(A)とも呼ばれていて、カテコールアミンの(B)や(C)を分泌する。副腎髄質は交感神経節前細胞から放出される(D)による支配を受ける。副腎髄質の細胞は(E)として働き、(F)を放出する。副腎髄質には(G)毛細血管や中心静脈も存在する。

 
(A)クロム親和性細胞(好クロム細胞)(B)エピネフリン(C)ノルエピネフリン(D)アセチルコリン(E)交感神経節後細胞(F)エピネフリン(G)洞様

7 
下垂体は主に前方にある(A)葉と呼ばれる(B)と後方にある(C)葉と呼ばれる(D)に分けられる。(A)葉はさらに分けられ、(C)葉に近い部分を(E)葉とも呼ぶ。

  
(A)前(B)腺性下垂体(C)後(D)神経性下垂体(E)中

8 
下垂体前葉の細胞はは染色性の違いから(A)、(B)、(C)に分けられる。

  
(A)酸好性細胞(B)塩基好性細胞(C)色素嫌性細胞

9 
下垂体前葉の酸好性細胞が分泌するホルモンに(A)と(B)があり、塩基好性細胞が分泌するホルモンに(C)、(D)、(E)がある。下垂体中葉にある細胞からは(G)が分泌される。

  
(A)成長ホルモン(B)乳腺刺激ホルモン(プロラクチン)(C)甲状腺刺激ホルモン(D)性腺刺激ホルモン(E)副腎皮質刺激ホルモン(G)メラニン細胞刺激ホルモン(インテルメジンMSH)

10
下垂体前葉は視床下部の(A)にある(B)からの放出ホルモンや放出抑制ホルモンによりコントロールされている。これらのホルモンは静脈性の(C)を通して下垂体前葉に運ばれる。視床下部からのホルモンは(D)から血管内に入り、静脈である(E)を通過し、(F)から血管外に放出され下垂体前葉に運ばれる。


(A)弓状核(漏斗核)(B)神経内分泌細胞(C)下垂体門脈系(D)一次毛細血管網(E)下垂体門脈(F)二次毛細血管網

11
下垂体後葉から分泌されるホルモンには(A)と(B)がある。しかし(A)と(B)を産生する細胞は視床下部の(C)と(D)にあり、下垂体後葉には(E)髄の軸索が存在している。軸索の終末はホルモンを含む膨大部があり、これを(F)と言う。また下垂体後葉には(G)という細胞が存在する。これは一種の(H)である。
 
 
(A)バソプレッシン(抗利尿ホルモン)(B)オキシトシン(C)視索上核(D)室傍核(E)無(F)へリング小体(G)下垂体細胞(後葉細胞pituicyte)(H)神経膠細胞(グリア細胞)
posted by Super Strong Histology at 13:15| 内分泌線 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。