2011年12月26日

消化腺


唾液腺には(A)、(B)、(C)がある。


(A)耳下腺(B)顎下腺(C)舌下腺


膵臓は大半を占める(A)部と残りの(B)部に分けられる。また(B)の存在する部分を(C)と言う。


(A)外分泌(B)内分泌(C)膵島(ランゲルハンス島)



膵島の約20%を占めるのは、(A)で(B)を分泌する。(B)には(C)作用がある。膵島の約75%を占めるのは(D)で、(E)を分泌する。(E)には(F)作用がある。膵島の約5%を占めるのは、(G)で(H)を分泌する。(H)には(I)作用がある。その他の細胞として(J)は(K)を分泌する。(K)には食物の吸収を遅くする作用があると言われている。


(A)α細胞(A細胞)(B)グルカゴン(C)血糖値を上げる(D)β細胞(B細胞)(E)インスリン(F)血糖値を下げる(G)δ細胞(D細胞)(H)ソマトスタチン(I)成長ホルモンやグルカゴン、インスリンの分泌を抑制する(J)PP細胞(K)膵ポリペプチド(Pancreatic polypeptide)


肝臓では肝細胞が板状に配列し六角柱状の構造になっていて、これを(A)と言う。(A)と(A)の間には(B)が存在する。(A)の中心には(C)がある。肝細胞は(C)から放射状に配列していて、その列構造を(D)と言う。(D)の間の空間の毛細血管は(E)と呼ばれる。また(E)とは別に肝細胞が形成する(F)も存在する。


(A)肝小葉(B)小葉間結合組織(肝管区)(C)中心静脈(D)肝細胞索(E)類洞(洞様毛細血管)(F)毛細胆管


小葉間結合組織の中には(A)と(B)と(C)があり、まとめて、(D)と言われる。


(A)小葉間動脈(B)小葉間静脈(C)小葉間胆管(D)門脈三つ組


肝細胞には3つの機能面があり、(A)、(B)、(C)である。電子顕微鏡下では(D)、(E)、(F)が見られる。


(A)類洞面(B)毛細胆管面(C)肝細胞の隣接面(D)微絨毛(E)密着小体(密着結合)(F)デスモゾーム


肝細胞の機能には(A)、(B)、(C)がある。


(A)胆汁の合成と分泌(B)血清蛋白質の合成(C)解毒作用


類洞と肝細胞の間には(A)が存在する。(A)と肝細胞の間の空間を(B)と呼ぶ。類洞にはマクロファージの一種である(C)が存在する。(B)には肝細胞の(D)が存在する。(B)には線維芽細胞の一種である(E)が存在する。(E)は(F)を貯蔵する働きがある。


(A)内皮細胞(B)ディッセ腔(C)クッパー細胞(D)微絨毛(E)伊東細胞(脂肪摂取細胞)(F)ビタミンA


肝細胞で合成された胆汁はまず(A)に分泌される。その後(B)から左右の(C)に、その後は(D),(E)を経て十二指腸に分泌される。動脈は(F)を経て、類洞に至る。静脈は(G)を経て、類洞に至る。類洞からは
中心静脈に入り、(H)から肝静脈へと至る。


(A)毛細胆管(汉语,胆小管)(B)小葉間胆管(C)肝管(D)総肝管(E)総胆管(F)小葉間動脈(G)小葉間静脈(H)小葉下静脈
posted by Super Strong Histology at 21:59| 消化腺 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。