2011年12月28日

呼吸系統


気管壁は内側から(A)、(B)、(C)の三層からなっている。(A)は(D)と(E)からなる。(B)には気管腺や気管支腺という(F)腺が存在する。(C)にはC字形の(G)が存在する。


(A)粘膜層(B)粘膜下層(C)外膜(D)上皮(E)固有層(F)混合(G)硝子軟骨


気管の粘膜の上皮は(A)上皮からなり、(B)、(C)、(D)、(E)、(F)の五種類の細胞が存在する。


(A)多列線毛円柱(B)線毛細胞(C)杯細胞(D)刷子細胞(E)基底細胞(F)神経分泌細胞


気管支は肺に入る部分で二つに分かれるが、これを(A)と呼び、最終的に樹状になることから、気管支樹と呼ばれる。気管支の導気部は以下(A)、(B)、(C)、(D)、(E)、(F)となり、(F)までを気道と言う。呼吸部は(G)、(H)、(I)、(J)からなる。多くの平滑筋が見られるのが特徴的なのは(K)と(L)である。(E)から(F)にかけては、杯細胞の変わりに、(M)細胞が出現する。


(A)主気管支(B)葉気管支(C)区域気管支(および亜区域気管支)(D)小気管支(E)細気管支(F)終末細気管支(G)呼吸細気管支(H)肺胞管(I)肺胞嚢(J)肺胞(K)細気管支(L)終末細気管支(M)クララ細胞
Cf.クララ細胞は粘液分泌を行い、U型肺胞上皮細胞に次いで、肺サーファクタント(肺表面活性物質)も産生。


肺胞上皮はガス交換を行う(A)状のI型肺胞上皮細胞と(B)状のII型肺胞上皮細胞からなる。II型肺胞上皮細胞は表面活性物質を産生し肺の(C)働きがある。電子顕微鏡下では表面活性物質はリン脂質に富む(D)の中にある。また、II型細胞は分裂してI型肺胞上皮細胞になる。肺にはマクロファージの一種の(E)も存在する。


(A)扁平(B)立方(C)表面張力を下げる(D)好オスミウム性の層板小体(E)肺胞大食細胞(塵埃細胞)
Cf. 心機能障害時や肺のうっ血がある時に見られるヘモグロビン由来の分解物を持つマクロファージを心臓病細胞(心力衰竭細胞)と呼ぶ。


肺胞内の気体と血液内の気体の交換を行う構造を(A)と呼ぶ。(A)は(B)、(C)、(D)、(E)、(F)、(G)から構成されている。


(A)血液空気関門(B)肺胞表面液体層(C)T型肺胞細胞(D)T型肺胞細胞の基底膜(E)薄層の結合組織(F)連続型毛細血管の基底膜(G)連続型毛細血管の内皮細胞
posted by Super Strong Histology at 01:21| 呼吸系統 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月26日

消化腺


唾液腺には(A)、(B)、(C)がある。


(A)耳下腺(B)顎下腺(C)舌下腺


膵臓は大半を占める(A)部と残りの(B)部に分けられる。また(B)の存在する部分を(C)と言う。


(A)外分泌(B)内分泌(C)膵島(ランゲルハンス島)



膵島の約20%を占めるのは、(A)で(B)を分泌する。(B)には(C)作用がある。膵島の約75%を占めるのは(D)で、(E)を分泌する。(E)には(F)作用がある。膵島の約5%を占めるのは、(G)で(H)を分泌する。(H)には(I)作用がある。その他の細胞として(J)は(K)を分泌する。(K)には食物の吸収を遅くする作用があると言われている。


(A)α細胞(A細胞)(B)グルカゴン(C)血糖値を上げる(D)β細胞(B細胞)(E)インスリン(F)血糖値を下げる(G)δ細胞(D細胞)(H)ソマトスタチン(I)成長ホルモンやグルカゴン、インスリンの分泌を抑制する(J)PP細胞(K)膵ポリペプチド(Pancreatic polypeptide)


肝臓では肝細胞が板状に配列し六角柱状の構造になっていて、これを(A)と言う。(A)と(A)の間には(B)が存在する。(A)の中心には(C)がある。肝細胞は(C)から放射状に配列していて、その列構造を(D)と言う。(D)の間の空間の毛細血管は(E)と呼ばれる。また(E)とは別に肝細胞が形成する(F)も存在する。


(A)肝小葉(B)小葉間結合組織(肝管区)(C)中心静脈(D)肝細胞索(E)類洞(洞様毛細血管)(F)毛細胆管


小葉間結合組織の中には(A)と(B)と(C)があり、まとめて、(D)と言われる。


(A)小葉間動脈(B)小葉間静脈(C)小葉間胆管(D)門脈三つ組


肝細胞には3つの機能面があり、(A)、(B)、(C)である。電子顕微鏡下では(D)、(E)、(F)が見られる。


(A)類洞面(B)毛細胆管面(C)肝細胞の隣接面(D)微絨毛(E)密着小体(密着結合)(F)デスモゾーム


肝細胞の機能には(A)、(B)、(C)がある。


(A)胆汁の合成と分泌(B)血清蛋白質の合成(C)解毒作用


類洞と肝細胞の間には(A)が存在する。(A)と肝細胞の間の空間を(B)と呼ぶ。類洞にはマクロファージの一種である(C)が存在する。(B)には肝細胞の(D)が存在する。(B)には線維芽細胞の一種である(E)が存在する。(E)は(F)を貯蔵する働きがある。


(A)内皮細胞(B)ディッセ腔(C)クッパー細胞(D)微絨毛(E)伊東細胞(脂肪摂取細胞)(F)ビタミンA


肝細胞で合成された胆汁はまず(A)に分泌される。その後(B)から左右の(C)に、その後は(D),(E)を経て十二指腸に分泌される。動脈は(F)を経て、類洞に至る。静脈は(G)を経て、類洞に至る。類洞からは
中心静脈に入り、(H)から肝静脈へと至る。


(A)毛細胆管(汉语,胆小管)(B)小葉間胆管(C)肝管(D)総肝管(E)総胆管(F)小葉間動脈(G)小葉間静脈(H)小葉下静脈
posted by Super Strong Histology at 21:59| 消化腺 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月24日

消化管


消化管は内側から外側へと(A)、(B)、(C)、(D)の層に分けることができる。(A)はさらに、(E)、(F)、(G)へと分けられる。小腸では消化管の内面は消化吸収のために、表面積を大きくする構造も見られる。それには、(H)、(I)、(J)がある。(C)は(K)と(L)に分けられる。


(A)粘膜(B)粘膜下組織(C)筋層(D)外膜(E)上皮(F)固有層(G)粘膜筋板(H)輪状ヒダ(I)絨毛(J)微絨毛(K)内輪筋(L)外縦筋


輪状ヒダは(A)と(B)からなっており、絨毛は(C)と(D)からなる。


(A)粘膜(B)粘膜下組織(C)上皮(D)固有層


食道の上皮は(A)重層扁平上皮である。また(B)性の(C)腺がある。筋層は内輪筋と外縦筋の二層がある。筋層は上1/3のところでは(D)の割合が高く、下の1/3のところでは(E)の割合が高く、中間部分では両方混ざっている。また、内輪筋と外縦筋の間に(F)が認められる。


(A)非角化(B)粘液(C)食道(咽頭付近の固有食道腺と噴門付近の食道噴門腺)(D)骨格筋(E)平滑筋(F)筋層間神経叢


胃の粘膜は、(A)上皮の(B)細胞からなる。胃の表面には胃小窩という穴があり、その中に(C)と言う管状の分泌腺がある。(C)の中には(D)、(E)、(F)、(G)、(H)の5種類の細胞が存在する。胃の筋層には(I),(J)、(K)の3種類の筋が存在する。


(A)単層円柱(B)表面粘液(表層粘液)(C)胃底腺(D)主細胞(E)壁細胞(F)頚部粘液細胞(副細胞)(G)内分泌細胞(H)幹細胞(I)内斜筋(J)中輪筋(K)外縱筋  cf.胃には杯細胞が見られない。


胃の主細胞は(A)状で好(B)性の細胞で、頂部に(C)の入った分泌顆粒を持ち(D)の構造をとる。また、円形核は(E)に存在する。壁細胞は好(F)性で円形の核は(G)に位置する。ミトコンドリアや滑面小胞体が多く、(H)を持ち、(I)も豊富に存在する。
壁細胞は強酸性の(J)を分泌する。(J)は(K)を(L)へと変える作用がある。また壁細胞は葉酸や(M)の吸収を助けるための(N)も分泌する。なお主細胞と壁細胞の寿命は約(O)である。


(A)円柱(B)塩基(C)ペプシノーゲン(D)蛋白質分泌細胞(cf.ミトコンドリア、粗面小胞体、ゴルジ装置)(E)基底部(F)酸(G)中央(H)細胞内分泌細管(I)微絨毛(J)塩酸(K)ペプシノーゲン(L)ペプシン(M)ビタミンB12(N)内因子(O)200日


頚部粘液細胞は、(A)性の粘液を分泌し胃を保護する。寿命は(B)である。ちなみに表面粘液細胞は(C)性の粘液と(D)を分泌する。胃には粘液と(D)とによって、上皮を保護する機能があり、これを(E)と言う。


(A)酸(B)1週間(C)塩基性(D)重炭酸イオン(HCO3-)(E)mucous HCO3- barrier(粘液HCO3-関門)


胃底腺の内分泌細胞には(A)親和性の染色を示す細胞があり、(B)と呼ばれる。(B)は(C)を分泌する。この(C)には(D)作用がある。内分泌細胞の(E)は(F)を分泌する。(F)には(G)の作用がある。幽門腺の(H)は(I)を分泌する。(I)には(J)の作用がある。


(A)クロム(B)ECL細胞(Enterochromaffin-like Cells、クロム親和性細胞様細胞)(C)ヒスタミン(D)塩酸分泌促進(E)D細胞(F)ソマトスタチン(G)胃の塩酸分泌の抑制(H)G細胞(I)ガストリン(J)塩酸分泌促進
Cf.胃の腺は食道に近い部分の噴門腺、胃の上部2/3に分布する胃底腺、下部1/3に分布する幽門腺に分けられる。


小腸腺は(A)、(B)、(C)、(D)、(E)の細胞により構成されている。免疫器官として十二指腸と空腸には(F)があり、回腸には(F)と(G)がある。


(A)吸収細胞(B)杯細胞(C)幹細胞(D)パネート細胞(E)内分泌細胞(F)孤立リンパ小節(G)パイエル板(集合リンパ小節)


小腸の上皮は(A)上皮で(B)と(C)からなる。固有層には毛細リンパ管である(D)があり、(E)の吸収と関連している。また(F)型毛細血管は(G)の吸収に関連している。十二指腸には(H)性の十二指腸腺がある。


(A)単層円柱(B)吸収細胞(C)杯細胞(D)中心乳糜管(E)脂肪(F)有窓(G)蛋白質(H)粘液性

10
小腸腺の底部には免疫に関与する(A)があり、細胞内には好(B)性の多数の(C)がある。免疫に関連する(D)を持ち、抗菌物質を放出する。杯細胞に分化する細胞は(E)である。


(A)パネート細胞(B)酸(C)分泌顆粒(D)ライソゾーム(E)幹細胞
Cf. パネート細胞が分泌する抗菌物質は、デフェンシンやリゾチームなど

11
大腸の特徴は小腸と違い、粘膜に(A)、(B)がないことである。小腸と同じ単層円柱上皮であるが(C)の数が多くなっている。また大腸腺には(D)が見られない。


(A)輪状ひだ(B)絨毛(C)杯細胞(D)パネート細胞
posted by Super Strong Histology at 00:01| 消化管 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。